SMBCモビットは内緒で借りれるキャッシング

モビット

≪SMBCモビット≫電話なし!郵送物なし!★PC・スマホからWEB完結★

SMBCモビットへ追加返済をして利息を抑える

SMBCモビットは実質年率は高めとなっていると消費者金融の中では言われています。

 

しかし、実際には実質年率は高いというわけではありません。

 

こちらをご覧ください。

実質年率 SMBCモビット アコム プロミス アイフル
上限実質年率 18.0% 18.0% 17.8% 18.0%
下限実質年率 3.0% 3.0% 4.5% 4.5%

SMBCモビットとほかの消費者金融の実質年率をまとめた表となっていますが、SMBCモビットとアコム、アイフルの実質年率は同じに見えますね。

 

しかし、SMBCモビットは高いと言われる要因があります。

 

それはほかの消費者金融3社がしているけれどもSMBCモビットがしていないことが「無利息期間」になります。

 

初回のみ30日間実質年率が無料などをほかの消費者金融はしているのですがSMBCモビットはしていないため高めといわれていますのでそれを抑えるための方法をご紹介します。

SMBCモビットの追加返済は便利

現実的に実質年率を下げるなどの方法を取ることは難しいと思いますのでほかの方法で利息を下げるようにしましょう。

 

結論をしては「繰り上げ返済をして元金を減らす」です。

 

元金を減らすことができればそれだけ利息を減らすことにつながりますのでうまく活用をしましょう。

 

返済額については借り入れをしている金額によって決められる借入後残高スライド元利定額返済方式となっていますので「ボーナスが出た時」や、「財布の中に余裕がある時」には少しでも繰り上げで元金を返済していくことをおすすめします。

 

SMBCモビットは追加で返済をしていくことを積極的に受け入れているキャッシングですので余裕があるときには返済をしてください。

 

追加返済はいつでも何度でも可能ですし、SMBCモビットのオペレーターなどに「追加返済」ということは伝えなくてもOKなのであなたが利用をしやすい方法で返済をしていきましょう。

SMBCモビットの追加返済 返済の方法

SMBCモビットの返済方法は以下の3つがあります。

・口座振替での返済方法

・銀行振り込みでの返済方法

・提携ATMでの返済方法

口座振替での返済方法は三井住友銀行もしくは三菱UFJ銀行の預金口座があるかたになりますが、預金口座からの自動引き落としで支払いが可能となります。

 

銀行振り込みの場合は、利用をしているの金融機関口座から、SMBCモビットの預金口座へお振込いただくことで可能となります。

※三井住友銀行または三菱UFJ銀行の24時間即時振込をご利用し、平日18時以降、土日祝および年末年始にお振込された場合は翌金融機関営業日の午前中に振込をされた日付に遡って入金処理をさせていただきます。

 

提携ATMを利用した場合には全国にあるSMBCモビットと提携をしている銀行やコンビニエンスストアなどから返済が可能となります。

※営業時間(利用時間)は設置場所により異なります。

※提携ATM利用時の手数料は、一部あなたの負担となります。

 

実質年率を下げる方法は簡単ではありませんし素人では現実的に難しいので少しでも元金を減らすことで利息を抑えることができます。

 

そのためにSMBCモビットの追加返済を活用してくださいね。

モビット

コメントを残す