SMBCモビットは内緒で借りれるキャッシング

モビット

≪SMBCモビット≫電話なし!郵送物なし!★PC・スマホからWEB完結★

消費者金融の金利

消費者金融は実質年率が高いと言われています。

 

これは利用をするキャッシングのメリット、デメリットによって差がでてきます。消費者金融の最大のメリットは審査から融資までがとてもスピーディーに借り入れをすることが可能と言う点です。これは大きなメリットとなっていますね。

 

審査に最短30分(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)、融資まで最短1時間もしくは即日と短時間での利用が可能なのは大手の消費者金融だからこそ出来るわざとなっています。

 

しかし、早く借り入れを出来る反面実質年率は高いというデメリットもありますね。実質年率が高いと言うことはそれだけ利息がかかるとデメリットもありますので理解をしておきましょうね。

 

その反面、実質年率を抑えようと低実質年率のキャッシングへ申し込みをした場合には実質年率を低い状態で借入が可能となりますが、その分審査から融資までに時間がかかるというデメリットも生まれます。

消費者金融の実質年率を抑える方法

消費者金融は実質年率は高いというデメリットが有りますが、これを抑えることはできません。そのために出来ることとしては、無利息期間のある消費者金融を利用すると言う方法です。

 

大手の消費者金融ならばSMBCモビットを除いて無利息期間があります。

 

しかし、この無利息期間にも仕組みがありますので十分注意をしなければなりませんね。アコム、アイフルも無利息期間を行っているのですが、この無利息期間の開始が契約をした翌日からはじまってしまいます。

 

そのため、借り入れをしていてもしていなくても無利息期間が始まってしまうというデメリットがあります。

 

あと大手の消費者金融といえば、プロミスがあるのですがプロミスだけは無利息期間の開始に違いがあります。30日間無利息サービスというサービスで、メールアドレスの登録とWEB明細書の利用が必須となりますが、契約をした翌日ではなく借り入れをした翌日からの適用となりますのでメリットが高いです。

 

無利息期間を行っている消費者金融はアコム、アイフル、プロミスとなっていますが実質年率を少しでも抑える方法としてはプロミスが適していると言えますね。

消費者金融の実質年率は高い?

消費者金融の実質年率は高いです。しかし、もちろん法的には問題のない範囲での利用となっています。

 

もちろん大きなお金を借り入れすればそれだけ実質年率を下げることができますし、交渉によって下げるができることもあります。

 

しかし、実質年率を抑える方法としては出来るだけ早く返済をすることですので、借り入れをしたら出来るだけ早く返済をしましょうね。

モビット

コメントを残す