SMBCモビットは内緒で借りれるキャッシング

モビット

≪SMBCモビット≫電話なし!郵送物なし!★PC・スマホからWEB完結★

消費者金融と銀行系のカードローン

消費者金融と銀行系のカードローンの違いについて書いて行きたいと思います。

 

イメ―ジとしては消費者金融よりも銀行系のカードローンの方がイメージが良いので利用をしたいと思う方もいまずが実はどちらも「お金を貸す」という方法は同じなのですが、違いもありますので詳しく紹介をしたいと思います。

 

消費者金融と銀行系のカードローンの最大の違いは「借り入れ可能な金額」です。

 

消費者金融は年収の3分の1以上は借入をすることができない法律となっています。例えば、年収が300万円の人は最大でも100万円までしか借り入れができないです

 

それに対して銀行系のカードローンの場合は総量規制外となっていますので大きなお金を借りられるというメリットがあります。もちろん、あなたの借り入れ状況によっては大きなお金を借りられない可能性もありますが、総量規制外なので大きなお金を借りたいならおススメですね。

審査の違い

審査にも違いがありますが、中でも審査にかかる時間に大きな差があります。

 

消費者金融の場合は即日融資(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)が最適となっており、審査に最短30分(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)、融資まで最短1時間もしくは即日と短時間での利用が可能となっています。そのため「今日お金を借りたい」と思ったときには消費者金融が最適でしょう。

 

それに対して、銀行系のカードローンは審査に時間はかかります。中には即日融資(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)も可能なキャッシングもありますが、審査に2~3日程度かかる場合もあります。そのようなデメリットもありますんであらかじめ理解をしておきましょう。

 

消費者金融と比較をすると銀行系のカードローンの方が審査が厳しめです。保証会社が審査を行いますね。

実質年率の違い

消費者金融は審査が早い分、実質年率が高いというデメリットがあります。

 

それに対して銀行系のカードローンは低実質年率なキャッシングサービスが多くなっています。しかしどちらも100万円以下の借り入れならそこまで差は有りません。100万円以上なら実質年率は銀行系のカードローンの方がグッと下がる傾向にあります。

 

そのデメリットがありますので消費者金融は無利息期間を用意しているサービスもあります。

 

消費者金融と銀行系のカードローンの違いについて書きました。しかし、実は消費者金融の母体は銀行系のグループなんです。そのため、安心感と言う点ではそこまで差は有りません。

 

早く借りたいなら消費者金融。低実質年率で借りたいなら銀行系のカードローンへ申し込みをするという形にしてはいかがでしょうか?

モビット

コメントを残す