SMBCモビットは内緒で借りれるキャッシング

モビット

≪SMBCモビット≫電話なし!郵送物なし!★PC・スマホからWEB完結★

消費者金融とクレジットカードの違い

消費者金融とクレジットカードの違いについていろいろと考えてみました。

 

どちらもお金を借りることには変わりがなのですが、本質的に何が違うのでしょうか?詳しく書いて行きたいと思います。

 

消費者金融は貸金業者となっています。そのため、審査に通過をして実際にお金を手にすることになりますね。消費者金融の中でも大手はアコム、プロミス、SMBCモビット、アイフルの4社が大手と言われています。
(レイクは銀行系のカードローンに変更)

 

消費者金融の特徴は個人へ向けてお金を貸すことを目的としている会社です。そのため、スマホやパソコンから申し込みをして審査に通過をすれば借り入れをすることが出来る方法となっていますね。

 

もちろん審査に落ちる場合もありますので注意をして下さいね。

 

クレジットカードは発行の時点で審査が行なわれます。そのため、クレジットカードが発行をされていれば利用ができます。クレジットカードの利用の方法はショッピングとキャッシングの2種類があります。

 

ショッピングは皆さんの利用が多い楽天、Amazonや服のお店などで物を購入する際に使う方法で実際にお金を手にすることはないですね。そしてもう一つのキャッシングはクレジットカードの審査に申し込みをした限度額の範囲内でお金を借りることができます。
(最大でも30万円程度)

消費者金融を利用するなら

とにかく早くお金を借りたいと思っているなら、消費者金融はおすすめです。大手の消費者金融は母体も銀行系のグループとなっていますので安心感も非常に高いものとなっていますので利便性にも優れていますね。

 

審査をその場で受ける手間は有りますが、口座振り込みなどを利用すれば来店不要でお金を借りることができます。

 

また、クレジットカードのキャッシング機能は元から借り入れをすることができる金額が少なくなっています。その点消費者金融は最大500~800万円程度借り入れをすることができますので便利ですね。
(総量規制により年収の3分の1までしか借入は不可)

クレジットカードを利用するなら

ショッピングなら日常的に使っていると思いますが、キャッシングはいざという時に使う程度と言えますね。

 

借り入れが可能な金額も最初に自分で設定をして大きなお金(50万円程度)にすればある程度は借りられますが、消費者金融と比較をすると少し実質年率は高めです。クレジットカードの目的はショッピングでお金の代わりにすることなのでお金を実際に手にすることではありません。

 

いざという時ならクレジットカードのキャッシング機能でもよいと思いますがそうでない場合は消費者金融の方が最適ですね。

モビット

コメントを残す