SMBCモビットは内緒で借りれるキャッシング

モビット

≪SMBCモビット≫電話なし!郵送物なし!★PC・スマホからWEB完結★

教育費が足りないときの方法とまとめ

教育費が足りない。

そんなときがあるかもしれませんね。

教育費というのはいろいろあるのですが、子どもが進学となった場合に必ずいるお金となっており、入学金、授業料、物品購入、試験代など多岐にわたっています。

そのお金をもちろん計画的に貯めている方も多いのですが、予想以上に子どもにお金がかかってしまったり、いろいろな結果で資金がなくなったりすると入学金すら払えないということになりかねません。

そこで、教育費が足りなくなった時の方法について紹介をしていきましょう。

教育費が足りないなら借りるしかない

もちろん子供に「お金がないからいけない」なんて言えないので、お金を何らかの形で借りることが必要となってきます。

たとえば、入学金や試験費用が少しだけ足りないという程度ならば、キャッシングやカードローンで少しでも借りてみると良いとおもいますが、今後もずっとお金がかかるような学校の場合は困りますね。

毎月の学費や購入物品などいろいろなことでお金がかかる場合も多いです。

そんなときには、3つの方法があります。

①奨学金

②学資保険

③教育ローン

①の奨学金は誰もが聞いたことがある資金となっています。

奨学金は一時的にお金を借りるための方法となっており、実質年率は0.8%程度とそれほど高くありません。

しかし、奨学金の場合は親に貸すのではなく、子ども自身に融資をすることになりますので子どもは社会に出ると同時に数百万円の借金を背負うことになります。

中には奨学金が支払えず滞納をしたり、ブラックリストの乗るケースも後を絶ちません。

②の学資保険ですが一番スタンダードな方法であるといえます。

基本的には子どもが小さい時から親が貯金をしていって、貯めたお金を使って子供の学校資金にするという方法です。

返戻率(払い込んだ金額に対する受け取った金額の比率)が100%を超える商品もなかにはありますが、途中解約の際には元本割れのリスクがありますが、小さな時から貯めておける大事な方法といえます。

③の教育ローンですが、住宅ローンや奨学金だと、1%を切る水準で借りることができますので、決して低い実質年率ではありませんがいざというときには便利なお金になるといえます。

教育費は思っている以上に大きなお金が動くものですので、学資保険などで貯めておく方法が一番賢い方法だといえます。

しかし、急にお金が足りなくなる時もあると思いますので、その時にはキャッシングやカードローンで一時的にしのいではいかがでしょうか?

モビット

コメントを残す