SMBCモビットは内緒で借りれるキャッシング

モビット

≪SMBCモビット≫電話なし!郵送物なし!★PC・スマホからWEB完結★

カードローンの金利を比較

カードローンを利用する場合に大事なことは「実質年率」になります。

実質年率は借りたお金にかかる利息を左右する大事な数字となっていますので、できれば低くしたいものですのでカードローンの実質年率を比較してみましょう。

カードローンの実質年率比較

カードローンには大きく分けて3つの種類があります。

・消費者金融カードローン

・銀行系のカードローン

・信販系のカードローン

この3種類になっていますので特徴と実質年率について書いていきます。

消費者金融のカードローンは審査から融資までスピーディーの利用をすることができる便利なサービスとなっています。

そのため、「すぐに借りたい」「今日中にお金が必要」という場合には最適なカードローンといえますね。

ただし、実質年率は高めとなっていますのでそこは注意をしましょう。

銀行系のカードローンは審査に時間はかかりますが、低実質年率で利用をすることができますのでメリットは非常に高いものとなっています。

審査はカードローンの中でも最も厳しいといわれていますが、その分他のカードローンと比較をした場合に実質年率を低く利用することができますのでメリットも高いです。

信販系のカードローンはクレジットカードに付随をしているカードローンとなっています。

クレジットカードを同時にキャッシングの審査も終わっていますので、クレジットカードにキャッシング機能を付けていればすぐに借りられますが、実質年率はこちらも高めとなっています。

消費者金融カードローンと、信販系のカードローンは実質年率が高めとなっていますが銀行系のカードローンに関しては最も実質年率が低めとなっていますので実質年率を抑えたいならば審査は厳しく時間がかかったとしても銀行系のカードローンへ申込をしましょう。

カードローンで借り換えを利用する

銀行系のカードローンは低実質年率で利用をすることができるメリットがありますので借り換えという方法にも向いています。

たとえば、最初に実質年率の高いキャッシングで借入をした場合にそのままでは実質年率が高いまま返済をしていかなければなりません。

しかし、実質年率の高いキャッシングから借り換えをすることにより実質年率の低い銀行系のカードローンを利用することとなりますので利息も抑えられるというメリットもあります。

実質年率はカードローンを利用する場合にとても重要となっており、低ければ低いほど利息を抑えることができますのでカードローンを利用するなら少しでも実質年率の低いキャッシングを使っていく方がメリットも高いですよ。

モビット

コメントを残す